証券用語解説集

信用取引(しんようとりひき)
分類:取引(売買)

投資家が証券会社に担保として委託保証金を差し入れて、資金や株式を借りて売買する取引。委託保証金の約3.3倍の取引まで可能となる。

例えば、投資家が「株式を買付けたいが、十分な資金が手元にない」、「株価が値下がりしそうなので空売りをしたいが、株式を持っていない」といった場合などに、投資家が株式の売買を行えるよう証券会社が買付代金を立て替えたり(=融資)、株式を貸し付けたり(=貸株)して、売買取引を行うことをいう。信用取引は、そのレバレッジ効果として、少ない投資資金でもタイミングを逃さず大きな利益が上げられるが、投資判断と逆の方向に株価が動いた場合は損失も大きくなる。

信用取引には取引条件が異なる制度信用取引と一般信用取引の2種類ある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。