証券用語解説集

スティープ化(すてぃーぷか)
分類:金利・為替

一般的には、期間が長くなるほど金利は高くなるため、普通イールド・カーブは右上がりのグラフになる。このイールド・カーブの傾きがさらに急(右上がり)になることをスティープになる、スティープ化するという。逆に短期金利と長期金利の差が小さくなる(イールド・カーブの傾きが緩やかになる)ことをフラットになるという。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。