証券用語解説集

TIBOR(東京銀行間取引金利)(たいぼー(とうきょうぎんこうかんとりひききんり))
分類:金利・為替

Tokyo InterBank Offered Rate(東京銀行間取引金利)の略。金融機関同士による短期資金のやり取りを反映した指標金利で、国内大手銀行などが提示するレートから算出される。銀行融資の基準金利としても使われ、算出・公表などに関する運営は全銀協TIBOR運営機関が行う。

無担保コール取引を反映した「日本円TIBOR」とオフショア取引を反映した「ユーロ円TIBOR」の2種類があり、それぞれ1週間物、1カ月物、2カ月物、3カ月物、6カ月物、12カ月物の期間で算出。日本時間午前11時時点の市場実勢とみなすレートを大手銀などのリファレンス・バンクが提示し、最高・最低各2行の値を除外した残りを単純平均して算出する。

透明性、公正性の向上を目的に2017年7月24日の公表分から算出方法を変更。市場で取引が成立しなくても、気配値や譲渡性預金の取引などを参考にリファレンス・バンクがレートを提示する仕組みに変えた。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。