はじめての方へ

野村では、店舗を持たずインターネット・電話でご自身でお取引をする「野村ネット&コール」と、店舗でコンサルタントと相談しながらお取引をする「本・支店」の2つのお取引口座からお選びいただけます。

ネット・電話で自分でお取引

 

ネットと電話サポートコース
(野村ネット&コール口座)

こんな方におすすめ
  • 投資情報は自分で収集・分析したい
  • 手数料を抑えながらスピーディーに取引したい
  • ネット取引をしたいけど、電話で質問もしたい

担当者と相談しながらお取引

 

窓口相談コース
(本・支店口座)

こんな方におすすめ
  • 情報収集・分析のサポートをして欲しい
  • アドバイスを受けながらじっくり取引したい
  • 相続について専門家に相談したい
  • 退職金の運用を検討・相談したい

本・支店と野村ネット&コールは、取扱商品や手数料体系、ご利用いただける窓口などに違いがあります。

本・支店と野村ネット&コールの違い(取扱商品・手数料比較)

Webで口座開設(野村ネット&コール)

口座開設のお申し込み新しいウィンドウで開きます

口座開設のお手続きについて詳しく知りたい方はこちら

本・支店口座でのお取引をご希望の方は、下記までお電話ください。

平日 8:40~20:00 土日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えのないようご注意ください。
  • 口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

野村の特長

Point 1豊富な商品、多くのIPO取扱い数

多くの取扱数を誇るIPO(新規公開株式)をはじめとした、総合証券ならではの豊富なラインアップ。お客様一人一人のニーズに合わせた投資・資産運用が可能です。

商品・サービス

Point 2投資情報を無料で利用できる

野村證券で口座開設をしていただくと、調査レポートやマーケット解説動画など、野村の専門家による、お役に立つ投資情報をウェブサイト上でご覧になれます。

野村の投資情報

Point 3お客様のニーズに合わせたコンサルティングサービス

ライフプランニング、相続・贈与、資産運用などについて、充実の商品ラインアップやリサーチ力を背景に、野村ならではのアイデアやソリューションをご提案します。

来店予約新しいウィンドウで開きます

投資がはじめての方でも安心!分かりやすいコンテンツをご用意しています。

はじめての投資

あなたはコツコツ派?それとも楽しむ派?スタイル別や商品別で分かる、初心者のための取引ガイドをご用意しています。

詳しくはこちら

野村でNISA

「NISA」は個人投資家の資産運用を応援する制度です。低金利時代の資産づくりにぜひ活用してみませんか?

詳しくはこちら

頑張らずにお金と付き合う方法

無理なく、効率よく貯めるには、自分のお金を把握するところからはじめてみましょう。

詳しくはこちら

Webで口座開設(野村ネット&コール)

口座開設のお申し込み新しいウィンドウで開きます

口座開設のお手続きについて詳しく知りたい方はこちら

本・支店口座でのお取引をご希望の方は、下記までお電話ください。

平日 8:40~20:00 土日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えのないようご注意ください。
  • 口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

口座開設からお取引開始までの流れ

野村のお得なキャンペーン情報をご紹介します

詳しくはこちら

手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は、2,808円(税込み))の売買手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された購入時手数料(換金時手数料)および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、年金保険・終身保険・養老保険・終身医療保険の場合は商品ごとに設定された契約時・運用期間中にご負担いただく費用および一定期間内の解約時の解約控除、等)をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引をご利用いただく場合は、所定の委託保証金または委託証拠金をいただきます。信用取引、先物・オプション取引には元本を超える損失が生じるおそれがあります。証券保管振替機構を通じて他の証券会社等へ株式等を移管する場合には、数量に応じて、移管する銘柄ごとに10,800円(税込み)を上限額として移管手数料をいただきます。有価証券や金銭のお預かりについては、料金をいただきません。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。