本・支店と野村ネット&コールの違い

2つのお取引口座

担当者と相談しながらお取引

 

窓口相談コース
(本・支店口座)

お取引窓口

ネット・電話で自分でお取引

 

ネットと電話サポートコース
(野村ネット&コール口座)

お取引窓口

主な取扱商品・サービス

  • 株式
  • ETF
  • 預金
  • 投資信託
  • REIT
  • ローン
  • 債券
  • FX

本・支店では以下の商品も取り扱っています

  • 保険
  • 野村ファンドラップ
  • 野村SMA

口座管理料

口座管理料は「本・支店」「野村ネット&コール」どちらも無料です。

手数料の比較例(国内株式売買手数料)

本・支店、野村ネット&コールは手数料の体系が異なります。
以下は、約定金額が50万円、100万円、300万円、500万円のインターネットでお取引した場合の一例です。詳細はリンク先の手数料ページをご覧ください。

インターネットでのご注文

現物取引手数料(税込)

約定金額 本・支店 野村ネット&コール
50万円の場合 3,510円 515円
100万円の場合 5,983円 1,029円
300万円の場合 14,623円 3,086円
500万円の場合 22,939円 5,142円

Webで口座開設(野村ネット&コール)

口座開設新しいウィンドウで開きます

手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は、2,808円(税込み))の売買手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された購入時手数料(換金時手数料)および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、年金保険・終身保険・養老保険・終身医療保険の場合は商品ごとに設定された契約時・運用期間中にご負担いただく費用および一定期間内の解約時の解約控除、等)をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引をご利用いただく場合は、所定の委託保証金または委託証拠金をいただきます。信用取引、先物・オプション取引には元本を超える損失が生じるおそれがあります。証券保管振替機構を通じて他の証券会社等へ株式等を移管する場合には、数量に応じて、移管する銘柄ごとに10,800円(税込み)を上限額として移管手数料をいただきます。有価証券や金銭のお預かりについては、料金をいただきません。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。