証券用語解説集

1月効果(いちがつこうか)
分類:証券市場

株式相場で1月の収益率が他の月よりも高くなりやすい現象のことをいう。特に小型株でその傾向がみられる。相場における季節性のアノマリー(経験則)の一種。年末に税金対策としての売りがでる一方で、年明けには新規の投資資金が流入しやすいことなどが要因と言われている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。