証券用語解説集

216の法則(216のほうそく)
分類:投資(運用)スタイル

金融商品に投資する際に、金利の複利効果により元本を8倍にする場合のおおよその投資期間(年数)を求めるための法則のこと。

計算式:216÷金利(%)=投資期間(年数)

同様の手法として、元本を2倍にする72の法則、4倍にする144の法則などがある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。