証券用語解説集

PVP決済(ぴーぶいぴーけっさい)
分類:金利・為替

PVPはPayment Versus Paymentの略で、多通貨同時決済のこと。外為取引において時差など決済時間のずれで発生する「外為決済リスク」を同時決済することによって防ぐ仕組み。外為決済リスクとは、当事者の一方が売渡通貨を支払ったものの、取引相手から買入通貨を受け取ることができず損失を被るリスク。同決済を行うための専門機関としてCLS(Continuous Linked Settlement)銀行が設立され、2002年から運用を開始している。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。