• B!ブックマーク

NISA(新しいNISA)|証券用語解説集

読み:にーさ(あたらしいにーさ)
分類:制度・法律

日本の少額投資非課税制度のことで、NISAはその愛称。2014年1月1日の導入以降、数回制度変更を行い、2024年より口座開設期間の恒久化や投資枠の拡大、非課税保有期間の無期限化など大きく改善された。

NISAの対象者は18歳以上の日本の居住者。NISA専用の非課税口座(NISA口座)は証券会社などの金融機関で1人につき1口座まで開設でき、複数の金融機関に口座を開設することはできない。ただし、一定の手続きのもと、年単位での金融機関の変更は可能。

長期の積み立て・分散投資に適した一定の投資信託を対象とする「つみたて投資枠」と、上場株式にも投資可能な「成長投資枠」で構成され、これらは併用が可能。1年間の投資上限枠は、つみたて投資枠が120万円まで、成長投資枠は240万円までで、併用すれば年間360万円まで投資できる。また、生涯を通して1800万円(成長投資枠のみ利用の場合は1200万円)までの投資元本に対する値上がり益や配当、分配金が無期限で非課税。

その他の主な留意点は以下の通り。
・非課税枠の再利用: 保有する金融商品を売却した場合、その商品の元本分の枠が翌年復活
・損益通算: NISA口座以外(一般口座や特定口座)との損益通算不可
・上場株式の配当等の非課税: 株式数比例配分方式を選択した場合にのみ適用
・旧制度から新制度への移行: 旧制度(2023年まで)から新制度(2024年以降)への移管は不可、旧制度における非課税期間内は非課税で保有可能

  • みらいのお金をシミュレーション みらい電卓
  • 投信積立キャッシュバックキャンペーン
  • 債券投資の基礎知識 債券投資をはじめてみたい!と思ったら
  • 米国国債の魅力
  • 株主優待で賢く 株式投資

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン