証券用語解説集

ハイブリッド社債(はいぶりっどしゃさい)
分類:債券

株式と債券の両方の特性を持ち、普通社債よりも元本および利息の支払い順位の低い社債のこと。債務不履行のリスクが大きい分、利回りは相対的に高く設定されている。劣後債、劣後特約付債券ともいう。

会計上は負債だが、資本に類似した性質及び特徴があるため、格付け会社が一定の条件のもと資金調達額の一部を資本と見なし格付けするので、資本増強策として利用されることがある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。