証券用語解説集

半値八掛け二割引(はんねはちがけにわりびき)

分類:相場・格言・由来

天井を付けた後下落局面に入った時に、底の水準を判断する目安とされる相場の格言。高値×0.5×0.8×0.8=0.32で1/3程度まで下げるというもの。特に根拠はなく、その昔大阪の薬問屋や繊維問屋で、品物が売れない時の値引きの目安にされていたと言われており、その語呂の良さなどから相場でも使われ始めたとされる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。