証券用語解説集

バスケット取引(ばすけっととりひき)
分類:取引(売買)

多数の銘柄をまとめてバスケット(=かご)に入った1つの商品とみなして売買する取引。
一般的には15銘柄以上かつ1億円以上の大口の取引でおこなわれ、大口の投資家がまとまった銘柄を買いたい(売りたい)時に証券会社が執行コスト分を上乗せ(コスト分を割引)して売りむかう(買いむかう)ことにより約定をおこなう。
立会外取引や店頭市場が使われ一般の市場が閉っている時間でも取引ができることから、前場の終了後に大口のバスケット取引が約定され、後場にそれを受けた証券会社の自己売買部門が市場で執行するといったことがしばしばおこなわれる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。