• B!ブックマーク

バスケット取引|証券用語解説集

読み:ばすけっととりひき
分類:取引(売買)

多数の銘柄をまとめてバスケット(=かご)に入った1つの商品とみなして売買する取引。

一般的には15銘柄以上かつ1億円以上の大口の取引でおこなわれ、大口の投資家がまとまった銘柄を買いたい(売りたい)時に証券会社が執行コスト分を上乗せ(コスト分を割引)して売りむかう(買いむかう)ことにより約定をおこなう。
立会外取引や店頭市場が使われ一般の市場が閉っている時間でも取引ができることから、前場の終了後に大口のバスケット取引が約定され、後場にそれを受けた証券会社の自己売買部門が市場で執行するといったことがしばしばおこなわれる。

  • 野村ではじめる ESG投資 応援キャンペーン
  • 地球のために、今できること。~ESG投資~
  • 野村でNISA!成長投資枠活用キャンペーン!
  • 外国株式投資の基礎知識 銘柄選びから取引方法をご紹介!
  • 野村の資産運用アプリ NOMURAアプリ 取引・管理をサクサクと自分なりに楽しめる

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン