証券用語解説集

端株(はかぶ)
分類:株式

売買単位が1株の株式の売買単位に満たない株式、つまり1株に満たない端数株式で、1株の100分の1の整数倍にあたる株式のことをいう。なお、端株を端株原簿で管理する制度を端株制度というが、端株制度を採用しない会社(=単元株制度を採用する会社)の売買単位に満たない株式(端株制度を採用しないため、1株未満の株式ではなく1株の整数倍の株式)を単元未満株式という。

端株に関する権利は、端株原簿において管理される。しかし、振替制度(上場株の株券を電子化して管理する制度)においては、端株原簿を管理する仕組みがないため、株券が電子化されるにあたり、電子化の対象となった株券(=上場株券)の発行会社のうち端株制度を採用する会社は、端株をなくさなければならないことになった。その結果、現在、上場会社のうち端株制度を採用する会社は存在しないことになった。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。