証券用語解説集

株式ロングショート(かぶしきろんぐしょーと)
分類:投資理論

ロングは買い、ショートは売りを意味し、割安と評価する株を買う一方で、割高と判断される株を信用取引等で売り建てる投資手法。同一業種の割安株・割高株をペアにし、買いと売りの比重をどちらかに傾けて適用することが多く、株式相場の上げ下げに左右されずに、小幅なリターンを積み上げていく手法だが、買い銘柄が下がり、売り銘柄が値上がりすると、双方で損失が出て裏目の結果になる可能性も排除できない。ヘッジファンドの代表的運用手法の一つであり、公募の投資信託の中にも運用方針として採用されているものがある。

株式ロングショートを応用したマーケットニュートラル(市場中立型)という運用手法もある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。