証券用語解説集

株価固定(かぶかこてい)
分類:取引(売買)

特定の株価を一定の価格帯に固定させることを目的に売買等を行うこと。「株価釘付け」とも呼ばれる。上値または下値で大量の売買注文を繰り返すなどして、株価が値上がりも値下がりもしないように株価を固定させる。このような注文は、相場操縦行為のひとつとして金融商品取引法で禁止されている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。