証券用語解説集

継続企業の前提(けいぞくきぎょうのぜんてい)
分類:ディスクロージャー

企業が将来にわたって無期限に事業を継続することを前提とする考え方のこと。ゴーイングコンサーン(going concern)とも呼ばれる。    2003年3月期から「継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる事象又は状況が存在する」場合には、財務諸表(連結財務諸表)において「継続企業の前提に関する注記」が必要となった。また2009年3月期からは国際会計基準(国際監査基準)における開示との整合性を踏まえ、「継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在する場合」であって、「当該事象又は状況を解消し、又は改善するための対応をしてもなお継続企業の前提に重要な不確実性が認められる」時に、財務諸表(連結財務諸表)において「継続企業の前提に関する注記」を行うこととなった。なお「継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる事象又は状況」には主に以下の事象がある。
<財務指標関係>
・ 売上高の著しい減少
・ 継続的な営業損失の発生又は営業キャッシュ・フローのマイナス
・ 重要な営業損失、経常損失又は当期純損失の計上
・ 債務超過
<財務活動関係>
・ 営業債務の返済の困難性
・ 借入金の返済条項の不履行や履行の困難性
・ 社債等の償還の困難性
<営業活動関係>
・ 主要な仕入先からの与信又は取引継続の拒絶
・ 重要な市場又は得意先の喪失
<その他>
・ 巨額な損害賠償金の負担の可能性
・ ブランド・イメージの著しい悪化

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。