証券用語解説集

国際分散投資(こくさいぶんさんとうし)
分類:投資(運用)スタイル

投資対象を自国の株式や債券だけに限るのではなく、俯瞰的な視野で投資先を選定し、資産を分散して運用すること。資産運用の基本戦略と言われる「分散投資」の具体的手法のひとつ。複数の国や地域、通貨などを組み合わせて、さまざまな金融資産に分散投資する。世界各国でそれぞれ経済・金融情勢、政治動向、地政学リスク等が異なるため、株価や金利も異なる動きをする。海外にも幅広く資産を分散しておくことで、特定の国の相場の急激な変動に対する一定のリスク低減効果が期待できる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。