証券用語解説集

公募株式投資信託の税金(こうぼかぶしきとうししんたくのぜいきん)

分類:税金

公募株式投資信託の換金利益・収益分配金に課される税率は、2014年以降、所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%を合わせて20.315%。

確定申告をする場合、総合課税を選択すると、課税所得等により配当控除を受けることができる。申告分離課税を選択すると、上場株式等の譲渡損失と配当金、利子・分配金を損益通算できる。一方、特定口座(源泉徴収あり)を利用した場合は、確定申告なしで同損益通算が可能となる。2016年1月の税制改正で、上場株式等の対象範囲が上場株式・公募株式投資信託等から特定公社債・公社債投資信託にまで拡大された。

また、少額投資非課税制度(NISA)を利用した場合、2016年以降、年間120万円までの上場株式や公募株式投資信託等の投資による譲渡益、配当金、分配金が5年間非課税となる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。