証券用語解説集

窓(まど)
分類:分析・指標

株価などの罫線であるローソク足において、前回の足と今回の足の間に隙間ができることをいう。相場の上昇(下落)する力が強いときなどにできる。上昇局面では、前日高値より高く寄り付いたまま推移し、終値でも前日高値を上回る場合に窓があらわれる。窓が開いた方向にさらに強く動くといわれているが、相場の転換点になるケースもある。窓が開いた後に、元の水準に株価が戻ってしまう場合を、窓埋めという。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。