証券用語解説集

のれん(のれん)
分類:財務分析

各企業が持つ「ブランド」「ノウハウ」「顧客との関係」「従業員の能力」等を総称する無形固定資産のこと。一般に、企業が他社を買収する際にかかる金額には、買収する企業の純資産に加えてのれんがかかるとされている。つまり、買収金額-買収される企業の純資産=のれんと考えることができる。

無形固定資産を多く保有する企業は、さほど保有していない企業と同じ条件で競争をした場合に、無形固定資産を保有する分だけ収益を上げることができるとされている。

また無形固定資産は、企業の地道な活動の積み上げによって作られるものであり、長い時間がかかるものである。のれんを支払う意義は、無形固定資産を作るための時間を買うことであるとされている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。