• B!ブックマーク

大型株、中型株、小型株|証券用語解説集

読み:おおがたかぶ、ちゅうがたかぶ、こがたかぶ
分類:株式

株式を時価総額、流動性を基準として大型・中型・小型に区分したもの。

東証では、従来、発行済株式数を基準に区分していたが、単元株制度導入後、必ずしも市場実態を反映していないこともあり、海外の主要株価指数を参考に、平成17年(2005年)に時価総額、流動性の基準により大型株・中型株・小型株と区分することとなった。東証規模別株価指数を算出する際、TOPIX構成銘柄の中から、時価総額と流動性が高い上位100銘柄(TOPIX100の算出対象)を「大型株」、次いで時価総額と流動性が高い上位400銘柄(TOPIX Mid400の算出対象)を「中型株」、大型株・中型株に含まれない全銘柄(TOPIX Smallの算出対象)を「小型株」としている。

  • 株式投資の基礎知識 長期投資で資産を育てる、銘柄選びのコツとは?
  • 新しいNISA、始動。
  • 未来への挑戦、今ここから始まる 野村のサマーセミナー2024
  • 外国株式投資の基礎知識 銘柄選びから取引方法をご紹介!
  • 投信積立キャッシュバックキャンペーン

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン