証券用語解説集

レモン市場(れもんしじょう)
分類:経済

商品の売り手と買い手に情報格差が存在するため、安くて品質の悪い商品(レモン)ばかりが流通し、高くて品質の良い商品(ピーチ)が出回りにくくなる現象のこと。レモンは皮が厚くて外見から中身の見分けがつかないことから、主に米国で低品質の中古車の俗語として使われている。

売り手は、買い手が商品の本質を知らないため、自分の売りたい商品が不良品でも良質な商品として売ろうとするが、買い手はそれが低品質の商品だと分かると次第に評価をしなくなり、さらに買い取り価格を下げるため、ますます不良品が多く出回る市場になってしまう。

アメリカの理論経済学者ジョージ・アカロフが1970年に論文で情報の非対称の例として用いた。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。