証券用語解説集

酒田五法(さかたごほう)
分類:投資理論

酒田ケイ線とも呼ばれ、出羽国庄内/相場師本間宗久が江戸時代に考案したテクニカル分析のひとつ。ローソク足の組み合わせによって売り場、買い場を読む五つの法則(三山、三川、三空、三兵、三法)のこと。

(五つの法則)三山とは上昇相場で底値から上昇・下降を三回繰り返し、天井をつけると下落に転じ、三川とは下降相場で下降・上昇を三回繰り返し、大底を打った後に上昇に転じるとされる。三空とは三連続で窓をあけ相場が勢いよく上昇・下降する状況で、三兵とは底値で陽線が三本、天井で陰線が三本続いた場合で、いずれも相場の転換期が近いとされる。一方、三法とは売買が交錯している相場では休んで様子を見ることが大切であるとしている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。