証券用語解説集

債券先物取引(さいけんさきものとりひき)
分類:取引(売買)

債券を対象とした先物取引のこと。将来の特定の期日に、あらかじめ定められた価格で特定の債券を取引する契約を指す。現在、国内で取引されている債券先物取引は、超長期国債先物(20年)、長期国債先物(10年)、中期国債先物(5年)、ミニ長期国債先物(長期国債先物の取引単位を10分の1に小口化)の4種類。

取引を円滑化にするため、実際に発行されている債券ではなく、証券取引所が利率や償還期限などを標準化して設定した「標準物」と呼ばれる架空の債券を取引対象とする。取引期間中は、いつでも反対売買(転売、または買い戻し)が可能であり、各限月において差金決済できる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。