証券用語解説集

税効果資本(ぜいこうかしほん)
分類:財務分析

税効果会計に基づいて、自己資本に算入する税金相当額をいう。税効果資本は、将来戻ってくるはずの税金をあらかじめ資産と見込んで、それに見合う分だけ膨らんだ自己資本のことをさす。
よって、税効果資本の自己資本での比重が低い方が、健全性が高いといわれている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。