証券用語解説集

純投資(じゅんとうし)
分類:財務分析

ある一定期間の設備投資増加額から減価償却費を控除した金額のこと。企業がある一定期間に行うすべての設備投資である「粗投資」から、同期間に消耗した設備の補填を除く、純粋に新しい設備投資のために調達された金額。主に企業会計の分野などで用いられ、ヘッジ会計の適用対象にもなっている。「純投資額」は、企業価値の評価手段のひとつであるフリーキャッシュフローの算出式の項目として使われることもある。

また、経営参加や営業関係の強化を目的に株式に投資する「政策投資(政策保有)」の対義語として、株式の値上がりや配当によって利益を得ることを目的とする「株式への純粋な投資」を示す場合もある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。