証券用語解説集

ジュニアNISA(じゅにあにーさ)
分類:制度・法律

0歳から19歳の未成年を対象とした少額投資非課税制度(NISA)のこと。

年間投資上限額は80万円(5年で最大400万円)で、20歳以上の成人を対象としたNISAの年間投資上限額(2016年以降120万円)よりやや低めに設定されている。両親や祖父母など親権者等が未成年者に代わって投資し、払い出しは原則18歳まで制限される。2016年1月から口座開設受付が開始され、同年4月から2023年12月末まで投資することができる。

一般のNISA口座と同様、口座内で投資した上場株式や公募株式投信の配当所得や譲渡所得にかかる税金は5年間非課税となる。

一方、成人向けNISAとの相違点として、口座開設期間終了後も口座開設者が20歳になるまでは、資産を継続管理勘定に移管し非課税保有の継続が可能となる(売却は可、新規投資は不可)ほか、金融機関の変更ができないこと等が挙げられる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。