証券用語解説集

新株引受権付社債(しんかぶひきうけけんつきしゃさい)
分類:債券

別名ワラント債(または分離型ワラント債)ともいう。

株式を一定の価格・数量で引き受ける権利を有した証書(=ワラント)の付いた社債のこと。ワラント債のワラント部分と社債部分は別々に売買できる。株式に転換する権利がついた社債である転換社債(CB)は、転換権を行使すると社債が株式に変わるが、ワラント債は社債を保有したまま別途新株を購入する点で、CBとは仕組みが異なる。

2002年4月の商法改正により、新株予約権制度が創設され、従来のCB(転換社債型)、ワラント債(非分離型)は「新株予約権付社債」という名称に統一された。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。