証券用語解説集

新株予約権(しんかぶよやくけん)
分類:制度・法律

株式をあらかじめ定めた価格で取得できる権利。平成13年臨時国会で商法改正が成立し、新株予約権制度が創設された。

いままで会社は、この権利を、新株引受権付社債や転換社債など、社債と組み合わせた形にすることで、発行することができたが、この改正法により、新株予約権を単独で発行できるようになった。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。