証券用語解説集

信託約款(しんたくやっかん)
分類:投資信託

正式には投資信託約款。投資信託の運用や運営の方法について規定したもの。受益者に関する事項、信託の元本の額に関する事項、信託の計算期間に関する事項等で構成される。金融庁への届出を経て、一般的には運用会社が目論見書の中に記載する。

「投資信託及び投資法人に関する法律」の改正に伴い、2014年12月1日から書面決議が必要な約款変更の基準が変更。「その変更の内容が重大なもの」から「商品としての基本的な性格を変更させることとなるもの」と限定的となり、書面決議が不要なケースが増えることで約款変更が容易になると期待されている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。