証券用語解説集

失念株式(しつねんかぶしき)
分類:株式

株式を購入すると、本来であれば株主になる権利があるものの、名義書換をしないが為に株主にはならないことを「失念する」という。

実際には、その株式を購入した投資家がいるものの、株主になるための手続きをしていないが為に、たとえば、株主に株式分割などの権利が発生した場合などにおいて、すでに株式を売却(譲渡)済みの株主名簿上の旧株主に分割された株式が割当てられてしまう。この場合の名義書換を失念した株式のことを失念株式と呼ぶ。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。