証券用語解説集

相場操縦行為(そうばそうじゅうこうい)
分類:取引(売買)

自然の需給によって形成されたように意識的・人為的に相場を変動させ、他人に誤解を生じさせることによって、その相場の変動を利用して自己の利益を図ろうとする行為。このような行為は、公正な価格形成を阻害し、投資者に不測の損害を与えることとなるため、金融商品取引法で禁止されている。相場操縦に該当するおそれがある行為として、「見せ玉(見せ板)」や「仮装売買」、「馴合売買」などが挙げられる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。