証券用語解説集

外枠方式(そとわくほうしき)
分類:金融

投資信託の販売手数料徴収方法のひとつで、投資家が投資信託を買い付ける際、申込み金額に手数料と手数料に対する消費税が含まれておらず、別途上乗せされる方式のこと。一般的に追加型投資信託で採用されている。

一方で、申込み金額に販売手数料とその消費税が含まれている方式を内枠方式という。単位型投資信託で採用されることが多い。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。