証券用語解説集

推定相続人(すいていそうぞくにん)
分類:相続

仮に、ある人がその時点で死去したとすれば、相続人になる者のことを推定相続人という。

「推定」という言葉がついているのは、仮定の上での話のためである。実際に相続が開始するまでに、推定相続人の死亡や推定相続人の廃除などにより、相続人の範囲が変動する可能性がある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。