証券用語解説集

スペキュレーション取引(すぺきゅれーしょんとりひき)
分類:取引(売買)

売買行為を通じて、キャピタルゲインの取得を目的とした取引のこと。 先物取引の場合は、先物価格の値上がりを予想して買い建てると、予想通り相場が上昇したら転売し、利益を得ることができる。 スペキュレーション取引をおこなう投資家をスペキュレーターという。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。