証券用語解説集

スワップション(すわっぷしょん)
分類:債券

スワップ(swap)とオプション(option)を組み合わせた造語。権利行使日に、一定の条件でスワップ取引を行う権利を原資産としたオプション取引のこと。原資産は大半が金利スワップで、固定金利払い、変動金利受けのスワップ取引を行う権利(ペイヤースワップション)と、固定金利受け、変動金利払いのスワップ取引を行う権利(レシーバースワップション)がある。通常買い手はコストを確定し、先々の変動金利の上昇リスクを回避するために利用し、売り手は利回りを期待して利用する。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。