• B!ブックマーク

スワップション|証券用語解説集

読み:すわっぷしょん
分類:金利・為替

スワップ(swap)とオプション(option)を組み合わせた造語で、権利行使日に、一定の条件でスワップ取引を行う権利を原資産としたオプション取引のこと。

原資産は大半が金利スワップで、固定金利払い・変動金利受けのスワップ取引を行う権利(ペイヤースワップション)と、固定金利受け・変動金利払いのスワップ取引を行う権利(レシーバースワップション)がある。通常買い手はコストを確定し、先々の変動金利の上昇リスクを回避するために利用し、売り手は利回りを期待して利用する。

  • 投信積立キャッシュバックキャンペーン
  • 分散投資×先進国外債の魅力 ~過去から学ぶ、運用成果の高い組み合せは?~
  • 未来への挑戦、今ここから始まる 野村のサマーセミナー2024
  • 債券投資の基礎知識 債券投資をはじめてみたい!と思ったら
  • 新しいNISA、始動。

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン