証券用語解説集

対当売買(たいとうばいばい)
分類:取引(売買)

同一銘柄について、自己の売り注文と自己の買い注文を同時期に同価格で約定させること。権利の移転を目的とせず、意図的に出来高を上げて売買が活発に行われていると他人を誤解させる行為は仮装売買にあたり、金融商品取引法で相場操縦行為として禁止されている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。