証券用語解説集

デット・エクイティ・スワップ(でっと・えくいてぃ・すわっぷ)
分類:証券ビジネス

債務の株式化のこと。
デット(=債務)とエクイティ(=株式)をスワップ(=交換)することをいう。具体的には、過剰債務・財政破綻状態にある企業の債務を債権者が債権による現物出資をおこない株式化すること、もしくは、債権者が金銭出資をおこない株式を取得し、その出資で債務の弁済を受けること(いわゆる擬似DES)で有利子負債を削減させることをさす。企業再生をおこなうための一つの手段であると考えられている。
デット・エクイティ・スワップについては、単なる債務削減の技術としてとらえるのではなく、企業のバランスシートを真に継続可能な状態に作り直し、経営革新をおこなうための一つのステップとして活用される視点が、重要である。

(デット・エクイティ・スワップの効果)
デット・エクイティ・スワップの効果としては、次のようなことが挙げられる。
・財務体質の改善
債務者にとっては、負債を圧縮し、資本を増大することにより財務体質の改善をはかることができる(=企業のバランスシートの「負債の部」に計上されていた「借入金」を、「純資産の部」の「資本金」もしくは「資本剰余金」に振替えることができる)。
・経営者のモラルハザード
債権者にとっては、債権の代わりに債務者の株式を保有することで、単なる債務の免除ではなく、債権者が株主として企業再建にコミットすることができることから、経営者のモラルハザードを一定程度抑制することも期待される。
・株式の価値向上
債務者が将来、無事再建できたときには、株式の価値が高まることにつながるであろうから、株式価値向上が期待できるならば、債権者にとっては、債権放棄よりも好ましい方法と考えることができる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。