証券用語解説集

ティン・パラシュート(てぃん・ぱらしゅーと)
分類:会社・経営

従業員が解雇された場合には、通常より多額の退職金や一時金を出す規定を、雇用契約または労働協約で定めることで、買収者を牽制する対抗措置のこと。 ティン・パラシュートは、多額の現金の流出を招くことによって、買収コストを引き上げ、買収者との交渉材料として活用する。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。