証券用語解説集

掉尾の一振(とうび(ちょうび)のいっしん)
分類:相場・格言・由来

掉尾(とうび)の一振とは、株価が年末にかけて上昇するといった株式相場の格言。

「掉尾」自体の意味は、最後になって勢いが盛んになることであり、掉尾の一振は、年末に向けた株価上昇の期待感を込めて用いられることが多い。

機関投資家などの含み損解消による株式売却が一段落した後、年末にかけてドレッシング買いなどで株価が上昇することも掉尾の一振の要因の一つと考えられている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。