• B!ブックマーク

特定金銭信託|証券用語解説集

読み:とくていきんせんしんたく
分類:証券ビジネス

信託期間の終了時に、受益者が信託財産を金銭で受け取るものを金銭信託、株式などの現物で受け取るものを金外信託と呼ぶ。 金銭信託のうち、信託財産である金銭の運用方法が特定されたものを特定金銭信託と呼び、 投資家が運用対象について、取得・処分の時期などすべて指定できる。

このように、運用方法を具体的に投資家が特定する点で、第三者が運用を行う指定金銭信託とは異なり、 また、信託期間の終了時に、受益者に対し現物ではなく金銭で元本を交付する点で指定金外信託(ファンド・トラスト)とも異なる。

  • 個人向け国債キャンペーン 現金をプレゼント
  • 資産づくりをはじめる 野村だからこそ、安心して踏み出せる一歩
  • 野村の資産運用アプリ NOMURAアプリ 取引・管理をサクサクと自分なりに楽しめる
  • 株式投資の基礎知識 長期投資で資産を育てる、銘柄選びのコツとは?
  • 新しいNISA、始動。

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン