証券用語解説集

割引率(わりびきりつ)
分類:債券

金融商品やお金などの「将来における価値が現在どの程度の価値を持つか」を計算する際の利率(年率)。ディスカウントレートとも呼ばれる。一般的に金融商品の割引率は無リスク金利(リスクを取らない場合の利回り)とリスクプレミアム(リスクを取る場合それに応じて期待される収益の上乗せ分)から構成される。
反対に「現在の価値が将来どの程度の価値を持つか」を求めるときの利率は、「期待収益率」と言う。

企業が退職金や年金として用意すべき金額(退職給付債務)を算定する場合にも割引率が用いられ、国債、政府機関債、優良社債など安全性の高い債券の利回りをベースに利率が決定される。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。