証券用語解説集

割引債(わりびきさい)
分類:債券

名前の通り、額面金額より割り引いて発行される債券のことをいう。
券面には利札がついていない。発行価格を額面価格より低くして発行しており、この発行価格と額面価格との差が、利付債でいう利息に相当する。このような債券の発行形態を割引発行という。
現在、日本でこの形式で発行されている債券は、国庫短期証券、割引金融債などがある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。