証券用語解説集

呼び値(よびね)
分類:証券市場

株式や債券などを注文する際の値段のことで、売り注文の値段は売り呼び値、買い注文の値段は買い呼び値と言われる。

株式の呼び値の刻み幅は銘柄の値段の範囲によって決まっており、東京証券取引所に上場しているTOPIX100構成銘柄の国内株式の場合、株価が1000円以下の値段帯で0.1円、1000円超3000円以下の値段帯で0.5円単位となり、それ以上の値段帯では1円、5円単位から、5000円、10000円単位まである。

TOPIX100構成銘柄以外の国内株式の場合、呼び値は株価の値段の範囲によって1円、5円単位から100000円単位まで決められている。例えば株価が3000円以下の値段帯で刻み幅は1円単位、3000円超5000円以下の値段帯で5円単位となっており、4000円の株価の場合は、3995円、4005円など5円刻みの売買となる。

国債の呼び値の単位は、原則額面100円につき1銭となる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。