証券用語解説集

遺言信託(ゆいごんしんたく)
分類:相続

信託銀行等の遺言に関する一定の業務。一般的には、遺言書の作成支援や保管、遺産分割や税金に関する相談、遺言内容の執行など遺言に対するトータルサービスのことをいう。ただし、「遺言信託」の法律上の概念は、信託の設定を遺言によっておこなうことを指し、遺言により遺言者(委託者)の死亡後、信託銀行等が受託者となり、委託者の財産を管理・運用し、相続人に収益を分配すること。

富裕層を中心に相続関連のニーズが高まり、遺言信託の市場は拡大している。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。