証券用語解説集

BOPビジネス(びーおーぴーびじねす)
分類:経済

BOPはBase (or Bottom) Of the (economic) Pyramidの頭文字をとったもので、世界の所得別人口構成ピラミッドで、最下位層に位置する一人当たり年間所得が購買力平価で3000米ドル程度以下の低所得貧困層を指す。人口規模が多いことが特徴で、発展途上国を中心に約40億人、人口比率で世界の7割程度が該当するとされる。

BOPビジネスはこうしたBOP層をターゲットとして、その市場規模を有望とみるビジネスであり、主に途上国における社会的課題の解決を図ることを理念に置いている。政府の途上国支援や援助政策との関わりが深く、国際的にも官民連携でのビジネス形態を目指すことが多い。水の浄化装置や衛生商品、医療支援、食糧・農業関連機器、ITの技術支援など、社会貢献性の観点に立ったビジネス案件が進行中である。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。