証券用語解説集

CBO(しーびーおー)
分類:証券ビジネス

Collateralized Bond Obligationの略称で和訳は社債担保証券。CBOは、複数の社債を裏付け資産として発行される資産担保証券の一種である。

担保資産となる社債については、新規発行のものを利用するケースと既発行のものを利用するケースがある。
いずれにしても集められた債券プールが生み出すキャッシュフローの充当順位を工夫し、高格付け部分と低格付け部分を作り分けることにより、投資家のニーズに合った商品の提供が可能となる。
高格付けの債券をシニア債、中間のものをメザニン債、低格付けのものをジュニア債と呼ぶ。利金や償還金は、シニア債→メザニン債→ジュニア債の順番で支払われる。よって発行体が同一でありながら、優先順位の異なった債券には、それぞれ異なった格付けが付けられている。
日本のCBO市場は、新規発行社債を利用したCBOが中心であって、低格付け企業の社債単独発行が困難な場合でも、CBOに参加することで資本市場からの資金調達が可能となり、信用力の低い中小・中堅企業にも社債発行の道を開いたとして、注目されている。
またA格など高格付け企業の場合でも、単独で発行するより条件が良くなる可能性がある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。