証券用語解説集

AR(えーあーる)
分類:経済

Augmented Reality(オーグメンテッドリアリティー、拡張現実)の略称。実際に人が知覚している現実世界をベースにコンピューターグラフィックス(CG)画像や映像、音響効果などの仮想情報を組み合わせて一体表示する技術。類似の技術にVR(バーチャルリアリティー、仮想現実)があるが、仮想情報だけを使用して現実世界のように認識させるVRに対し、ARは目の前にある現実空間や実際の風景、音声などにデジタル技術による仮想情報を重ねて表示する点がVRと異なる。 ゲームなど娯楽分野のほか、医療や教育、観光、自動車運転技術など幅広い分野での活用が進んでいる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。