証券用語解説集

CRS(しーあーるえす)
分類:制度・法律

海外の金融機関を利用した脱税や租税回避を防ぐ目的で経済協力開発機構(OECD)が策定した国際基準で、Common Reporting Standard(共通報告基準)の略称。各国の税務当局が自国の金融機関から非居住者の口座情報を受理し、非居住者の居住する国の税務当局と情報を電子データ等で自動的に交換し合う仕組み。100以上の国・地域が参加し、日本では2017年から施行、18年に適用開始。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。