証券用語解説集

1カイ2ヤリ(いちかいにやり)
分類:相場・格言・由来

相場の気配のことで、カイは買い、ヤリは売りのこと。例えば、301円の買い気配と、302円の売り気配の時に、百と十の位を省略して1カイ2ヤリという。

また、1円で買い、2円で売るというような、株価の最小単位で繰り返し売買を行う短期の取引手法のことを指す場合もある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。